​ ​

2009年12月31日

学習療法で認知症予防

いかにして学習療法を行う方がストレスを感じず、そして興味と意欲を持って行っていけるかが重要なポイントのようです。
そのために学習療法が認知症予防には効果がない、という意見は、ちょっと急ぎ過ぎているようにも感じられてきますよね。
やはり中高年になってくると認知症への恐怖が高まっていきますし、また自分の脳の働きにも自信がなくなっていくことで、行いたいのが学習療法なのでしょう。

学習療法そのものを認知症の予防のために、と行っていると、あまり効果が上がらないこともある、という事実もあるようです。
つまりその方に合っているやり方で学習療法を行っていくことが認知症予防にも効果的である、とも言えることになるのではないでしょうか。
これは学習療法が使い忘れていた脳の部分を刺激して、働かせるからこそ、認知症になりにくくさせるようなのです。学習療法自体はその実践する方にとって、やり方や方式があっているのであれば、あの恐ろしい認知症を予防する効果もあるのだそうです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、認知症予防に効果的な学習療法のやり方も調べてみましょう。
実際に自分に合っている学習療法である場合は、ストレスにはなりにくく、スムーズに行えるという意見も多いのです。
また毎日、行っていかなければ認知症予防にはならないとも言われているのが学習療法ですから、このあたりも工夫が必要になってきます。


posted by gak at 12:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。