​ ​

2010年01月03日

学習療法と川島隆太

学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、川島隆太教授がどのような意図で学習療法を発案したかも調べてみましょう。
いわば「脳を鍛える」という学習療法につけられているキャッチフレーズは、納得できるものになっているのです。
今では若年者であっても、自分の脳の劣化にかなり意識が高い方が多いので、さらにランクを高くしていきそうなのが学習療法です。
この学習療法をもっと一般的にしていき、ゲームソフトとなってからはまさしくヒット商品となっていき、浸透していったのです。
ごく始めやすいシンプルな方法になっている学習療法は、当初では「脳力トレーナー」ということで提案され、玩具として紹介されたのです。
ところが学習療法を続けていったのであれば、また脳の働きが活発化していくということは紛れもないことになります。

学習療法に対して批判的な説や意見がないわけでもありませんが、現実に効果があがっているわけですから、見逃すわけにはいきません。
あくまでもヒット商品にすぎなかったものではあったのですが、この効果の高さを実感していくうちに、介護の現場でも取り入れられてきたのが学習療法です。
筋肉を適度に鍛えて機能性の高い体を作るように、脳を鍛えて反応のいい状態を作るのが学習療法かもしれません。
当初では「脳を鍛える大人のDSトレーニング」として世間に広まっていき、今では野うyのアンチエイジングケアとして一般的になったのが学習療法です


posted by gak at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。