​ ​

2009年12月30日

学習療法の効果

確かに上手に行い、また実践する方自体も、学習療法に意欲的であるのならば、かなりの効果を望むことも可能なのかもしれません。
ゲームに興味を持たなかった中高年という最も学習療法を必要としている方にも浸透したということには、驚かされます。

学習療法がもっともやりやすく、親しみやすくなっているのが、いわゆる「脳トレ」と人気を呼んだゲームソフトかもしれません。学習療法を続けていると、脳の若さや回転の速さが向上するという効果があるという話を耳にしたことがありませんか。
それに対して、実践する方が意欲を持てないような、矯正されて行うような場合の学習療法は逆効果になることもあるようなのです。
多くの方がゲームと言う形になっている学習療法には興味を持っているのは、結果が一目瞭然だからなのかも知れません。
そこで学習療法を行う、あるいは実践するのであるならば、行う方が興味を持ち、意欲がわくように工夫しなければならないようです。
いわばどのようにして興味を持たせていくか、意欲を起こさせていくことができるのか、という課題もあるのが学習療法です。すぐに目でわかる状態になるからではないでしょうか。
素晴らしい効果があるということは分かっているそうなのですが、行い方が難しいとも言われているのが学習療法になるようなのです。
効果を実感する瞬間が起きやすくなっていることによって、さらに興味を持ち、意欲を持たせていることになったのが「脳トレ」と名を変えた学習療法です


posted by gak at 15:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。