​ ​

2010年01月06日

学習療法と高齢者

ですから高齢者にとって、生活の一部であり、遊ぶ感覚で行っていけば効果があがっていくのが学習療法になっているのかもしれませんね。
いわば高齢者は学習療法を楽しんでいることが少なくはなく、また自分の脳の働きに自信が持てることで実践しているようなのです。
もしかすると日々の忙しさに追われている若年層よりも、おどろくほど簡単に実践している高齢者が多いのが学習療法です。
頻繁に脳を働かせる必要がある高齢者のほうが、かなり学習療法もスムーズに行えるとも言われているようではありますが、それも面白いところです。学習療法は早期から開始するほうが、効果的であるそうではありますが、高齢者になってからであっても効果が全くないわけではありません。
いうなれば学習療法を楽しんで行っている高齢者も増えてきているので、浸透していく早さや人気がわかりますよね。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、高齢者向けの学習療法についての詳しく比べてみましょう。

学習療法は各自治体の高齢者向け施設でも実践されていることが少なくはないようで、これが高齢者にはゲームのようなものだと感じていることもあるようです。
特に社会に出て働いていない高齢者には脳を活発に働かせていく学習療法は必要になっているのかもしれませんね。

学習療法をしぶしぶ始める羽目になったという高齢者がいる一方で、自分の脳に自信がついてきて、楽しみになった方もいるのです。


posted by gak at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

学習療法の公文式

公文と言えば「若年層向けの学習塾」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、もしかすると日本で熱心に学習療法に取り組んでいる企業でもあるようです。
どの年代の方であっても、やはり脳の若々しさはキープしたいものですし、その方法を知りたいところに公文が学習療法を提示しているわけです。

学習療法を行うということは、ある意味、自分が老いによって脳の劣化を積極的に防ごうということになってくるかもしれませんね。
公文はいわばこの脳のアンチエイジングケアとしての面を持っている学習療法を広めていくことでビジネス的な展開も広げているといってもいいでしょう。
そこで脳の劣化が始まりだしている、あるいは劣化が進み始めた年齢層にも、公文は学習療法というものでアピールしているわけです。
公文と言う大きな企業が目をつけていき、またビジネス的に展開を始め、さらに身近なものになっていきそうなのが学習療法です。学習療法をかなり熱心に取り上げて、またセミナーなどを開催したり、自宅で行える環境を作っているのは公文です。

学習療法も公文で行っているメソッドは、生まれて初めて行うという方にとっても、かなり行うことが簡単なようです。
そのため公文で開催する学習療法のセミナーやイベントは、かなり人気があるそうで、年齢を重ねた方や介護の仕事をしている方がよくお見えのようです。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、学習療法を公文ではどのように行っているのかも調べてみましょう
posted by gak at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

学習療法とアクティビティケア

つまり痴呆症が進んでしまっていても、人格崩壊にまで進ませないように、学習療法を行っていることが非常に多いのです。
本当の痴呆症は非常に悲惨なものですが、そこでもやはり人間の尊厳があるので、尊厳を保つのが学習療法となります。
いうなればただ、現状をキープするためではなく、アクティビティケアでは学習療法を介護する方に行うことで回復も目指すことが多いそうなのです。
アクティビティケアは非常に介護する側にとっては、困難なことも多く、またストレスもかかるようですが、サポートできるものが学習療法です。学習療法は一般的には痴呆症の予防に効果的であると考えられていますが、もうすでに痴呆症が進んでいる場合でも症状を遅らせることが可能なのだそうです。

学習療法を続けている方の方が、自分に対する不安が少なくなっていき、著しく効果がある場合、かなり回復していくのだそうです。
まだ健康で正常な頭脳をキープしている間は学習療法も脳のアンチエイジングになりますが、痴呆症が進んでいる場合は命綱と言えるかもしれません。
もう痴呆症に陥ってしまったのであれば回復することは難しく、悪化するしかないといわれた中で光明を見出させたのが学習療法です。
つまり学習療法自体がアクティビティケアを受けている方にとっては、自分が人間であることの確認になっていることもあるようです。

学習療法はアクティビティケアを行っている現場では、新たな介護の場面を広げたとも言われているのだそうです
posted by gak at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。