​ ​

2018年09月14日

学習療法と介護の関係

これは学習療法を行うことによって、かなり介護する側の頃固まりやすい考え方が柔軟になってくるという効果があるそうなのです。
いわば介護する側は介護されている方に対して、きちんとわかりやすく、学習療法を介護の中に無理なく取り入れることが大事なのかもしれません。
意欲や興味を失ってしまうと介護される側は症状が悪化していきますから、学習療法は自信を持たせてあげられるきっかけにもなっているそうです。

学習療法を介護の現場で生かしている例としては、介護する側がそれとなく、介護している相手の脳の力を引き出していることが多いのだそうです。
介護は体力と思いやりだといわれていますが、介護する側に柔軟な考え方を身につけさせる学習療法が効果的であるということはあまり指摘されていないようです。
意外なくらいに毎日の生活のリズムを正確にしていくこと自体が、介護する側にも、介護される側にも効果的に働いているのが学習療法です。
学習療法についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、介護の現場ではどのように学習療法がおこなわれているかも詳しく調べてみましょう。
つまり介護する相手が物を考える力を持っているということを学習療法を行っていると、考えるようになってくるそうなのです。
人間が何かしら考えて生きているものですが、介護される方もやはり同じなので、その能力を引き出すのが学習療法と言うわけです。
このような理由もあるわけですから、介護の現場でも非常に重要なケアの一つになりつつあるともいえるのが学習療法です
posted by gak at 00:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする